七五三です!お参りをして皆でお祝いをしましょう

七五三とはどのようなお祝いなのでしょう

七五三とは、七歳、五歳、三歳になった子どもの成長をお祝いし、神社や寺に参拝に行く年中行事のことを言います。江戸時代に徳川綱吉が自分の長男の成長を祝ったのが始まりと言われています。11月15日が七五三の日とされていますが、今では両親の都合や天気の状況などによって11月のどこかで行われることが多くなりました。本来はそれぞれの年齢に達した子どもが行う儀式のお祝いをする日とされていました。三歳は「髪置きの儀」、五歳は「袴儀」、七歳は「帯解きの儀」の儀式を行っていましたが、現在ではそのような意味合いは薄れ、正装をして参拝に行くことが主となってきました。

七五三のお祝いを皆でしましょう

七五三は子どもの成長を祝う行事です。両親だけでなく、祖父母や親戚、身内などたくさんの人を招いて一緒にお祝いをしましょう。共に参拝を終えた後には記念写真を撮りましょう。子どもの成長記録となると共に記憶に記録に残る日として良い記念になります。参拝した神社や寺で撮る場合もありますし、写真館へ行って撮ることもできます。どのような写真を残したいのか、晴れの日をどのようにお祝いしたいのか、ということをしっかりと考えて事前に決めておきましょう。

一緒に食事に出かけましょう

記念撮影の後には皆で食事に出かけるのはいかがでしょうか。七五三は子どもが主役の日です。子どもが好きなものを食べられるところだったり、お気に入りのレストランやカフェだったりに行くとよいでしょう。大人数が入ることができる個室があったり、着替えができる場所があったりすると、子どもも伸び伸びと過ごすことができます。少し大きな音を出しても気にならないようなところを選ぶと子どもの成長を皆が見ることができ、喜ばれるでしょう。

七五三のお祝いをしたいなら、早めに店舗の情報を集めましょう。お料理や演出などを比較しながら、店舗を選ぶことが大事です。